プラケースおすすめ5選!手軽で便利、昆虫飼育の定番容器!

プラケースとは

アイキャッチ画像出典:写真AC

プラケースとは

プラケースとは

出典:写真AC

プラケースとはプラスチック製の飼育・観察ケースのことで、昆虫飼育にもよく用いられます。プラケースはガラス水槽などに比べると、とても軽量で持ち運びもとてもしやすく、価格も安価なのが特徴です。また、サイズのラインナップも豊富で、色々な種類の昆虫の飼育に用いることができます。プラケースは使用しないときは蓋を外して重ねておくことができるため、かさばらず収納にも困りません。

昆虫飼育に適したプラケースの特徴

プラケースの特徴

出典:イラストAC

プラケースで昆虫を飼育する上で、ケース内部に仕切りがあるというのがあるととても便利です。仕切りがついたプラケースであれば、繁殖狙いのペアリングに使用できるほか、多頭飼育していた個体同士が喧嘩をした際などにも一時的に隔離することができます。また、昆虫飼育をしているとコバエが湧いてしまうことがよくありますが、プラケース内にコバエが侵入できないように蓋の部分に工夫がされているプラケースもあります。空気穴が非常に細かく作られていたり、不織布をフィルターとして設置できるタイプは昆虫飼育に適していると言えます。

昆虫飼育におすすめのプラケース5選

昆虫飼育におすすめのプラケースをご紹介します。カブトムシやクワガタなど、プラケースを上手に活用して育ててみましょう。

コバエシャッター 中 (298×195×210mm) プラケース

その名の通り、不織布フィルターによりコバエをシャットアウトしてくれる優れもののプラケースです。

クリアースライダー(仕切り付き 仕切り固定式)

仕切りがついたシンプルなプラケースです。

特大 黒(430×340×260mm) プラケース

特大サイズのプラケースで、外国産のカブトムシなども余裕を持って飼育できます。

マルカン ワイドビューBLACK(大)(380×230×250mm)

全面が鑑賞しやすいように曲面になっているプラケースです。

三晃商会 虫かご パーテーション

小型プラケースで、肩ヒモが付属しているため採集時の虫かごとしても使用できます。また、仕切り板はスライド可能です。

プラケースで色んな昆虫を育ててみよう!

プラケースで育ててみよう

出典:写真AC

プラケースはガラスのように落としてすぐに割れてしまうこともなく、小さなお子さんが持ち歩いても安全な容器です。昆虫を飼育する人の大半はプラケースで飼育しているように、プラケースは昆虫飼育にうってつけです。まだ持っていない方は、自分の飼育スペースや飼育する昆虫の種類・数とうまく相談しつつ、最適なプラケースを選んでみてください。思う存分、昆虫飼育を楽しみましょう!